当サイトではアフィリエイト広告から収益を得る場合があります。

クヌギ

雑談

いつも歩く雑木林にクヌギの木がある。

写真自体には何の工夫もないけれど、なぜか落ち着く。

ブナ科の植物だそうで。

日本人の心には、ブナが根付いているのだろうか。

雑木林というけれど、クヌギがなければ締まらない。

ほかの木にない落ち着きをもたらしてくれる。

子どものころの記憶だと、カブトムシが樹液を求めてやってくる木でもある。

それより、つい先ほど何気なく「クヌギ」と検索して、少しびっくりしたことがある。

ドングリってクヌギの実のことをいうんだって。ブナの実の総称でもあるらしいけど、狭義ではクヌギの実のことらしい。

これまでの人生、ドングリの正体に思いをはせたこともなかったけど、そうかクヌギの実なのか。

今まで目にしていたものに、新たな発見を見出す。

遠くばかり見ていた若い時代から、身近なものを見つめなおす時期に入ったのかもしれない。

そんなことを思い勝手に感傷的になる、師走の僕なのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました