とっても落ち着く雑木林

日常

家から車で10分くらいのところに公園がある。

そこには雑木林が残されている。

公園というだけあって、ちゃんと下の草は刈られていて、クマやイノシシに遭遇する可能性もほぼない。

かなり居心地がいい。

最近気づいたのだけど、私はどうも人工物が苦手だ。

アスファルトも電線も民家も。

街中を歩くとすぐに疲れてしまう。

本当にドッと疲れてしまって、頭痛と疲労感で立っていることもままならない。

困った体質だ。

この雑木林は、人の手は加わっているものの、人工物はほとんどない。

植物と土だけ。私は太陽光も苦手なのだけど、木々がそれも遮ってくれる。

昔から「木漏れ日」よりも「木陰」という言葉が好きだった。

人間社会になじめない私には、最高のパートナー。

いつもありがとう小夏。

コメント

タイトルとURLをコピーしました