当サイトではアフィリエイト広告から収益を得る場合があります。

一眼レフを携えた男

旅行・おでかけ

久しぶりに愛機「NIKON D7100」を肩にかけ、公園に行ってきた。

無論、昭和記念公園である。なんたって、私は年間パスポート所持者であるのだから。

そして、カートには犬。モデルである。

ちょっと顔のあたりが暗い感じの仕上がりになってしまったが、いい表情

やはりスマホとは違う。明るさや被写体深度、画角を調整しながら、ファインダーや液晶モニターと交互ににらめっこ。微調整を繰り返して、自己満足を追求する。

これぞ、一眼レフの醍醐味。本当に楽しい。

たとえば、モミジを撮るとしたら、調整次第でこんなにも雰囲気の違う写真になる。

僕は下の方が好みかな。

ただ、まあ相手が犬なので、細かい設定をのんびりやっている時間もなく、やや暗すぎたり明るすぎたり、いい塩梅の写真を撮るのはなかなか難しい。

それにしても秋もいよいよ深まってきた。

どこを見回しても、赤や黄色に染まった木々。言語化しがたい秋の切なさのようなものが一帯を包み込んでいる。

ほんの1週間前まで緑色だったイチョウも真っ黄色だった。

太陽にきらめく姿が美しい。

モデルさんは「はよ降ろせ」と言わんばかりの不満顔。

やむなく、イチョウ並木を抜けて、カートから降ろしてあげた。

うんこしてました。

噴水の前でも一枚。

ここは細い直線水路がある「カナール」と言われる場所。

ここにも冒頭のものとは別のイチョウ並木があるのだけど、ここのイチョウは四角に刈り込まれている。

自衛隊の滑走路が公園に隣接しているため、木に高さ制限があり刈っているらしい。

そんなこんなで今日も終わり。

日が落ちる寸前が好き。

コメント

タイトルとURLをコピーしました